女性の喪服が安い店

女性の喪服が安い店を探していますか?

 

しまむらやイオンなど市販のお店でも値段が安めのところはありますが、デザインが古くサイズもバリエーションがありません。
また、喪服の黒は記事の安っぽさがとくに目立ちます。

 

そして、一番困るのは、大きいサイズや小さいサイズ、身長の低い人、高い人は合うものがなくて、急ぎの時に間に合わないことでしょう。

 

そんな時に助かるのがインターネット通販の喪服専門店です。

 

 

通販で女性用喪服が買えます。1万円以下もあります。


 

店鋪をもたないインターネット通販はかかるコストが安いため、その分品質が良く、安い喪服がそろっています。
また、店頭に並べておく必要がないので、サイズバリエーションが多いのも特徴です。

 

安くて高品質、おしゃれで結果的に長く使える喪服を探しているならネットショップを活用するのが賢い方法です。
ネット通販だと届くまで時間がかかるから急いでいる時に間に合わないと思われがちですが、喪服の通販専門店は急な入用に対応していますので、最短で明日届くお店もあります。

 

サイズバリエーションが多いと、お直しする時間も費用もいらないので助かりますね。
ネット通販はこんな人におすすめです。

 

  • 大きいサイズの女性用喪服を探している
  • 小さいサイズの女性用喪服を探している
  • 安くて高品質な喪服がほしい
  • お直しせずに喪服を選びたい
  • おしゃれな喪服を買いたい

 

 

女性用喪服が安い通販サイト

 

安くて人気の女性用喪服通販サイトを紹介します♪

 

娘さんやお孫さんまで使える喪服なら着物という選択肢もあります。


 

ニナーズ

喪服,安い,女性
バーゲン時は最大90%OFFになるお店です。
90%OFFで1,480円の目玉商品は数量限定なのですが、90%OFFでなくても普段のセールでもイオンで買うよりかなり安いです。
百貨店レベルの品質の喪服が8,900円から買えますよ。
喪服だけじゃなく、入学式やお受験用のママスーツやブラックフォーマルもたくさんあります。
一番人気の30代向け喪服で14,000円くらいなので買いやすいです。
夏も冬もオールシーズン対応の喪服ワンピースも12,600円〜と安いです。
1万円以上で送料無料です。

 

ニナーズの通販サイトはこちらです。

 

メアリーココ

喪服,安い,女性
メアリーココの喪服は、12,600円からあります。セールだともっと安くなっています。
売れているのは小物が5点ついたノーカラーアンサンブル約13,000円と、フレアスカートのアンサンブル約14,000円です。
シンプルなデザインは長く使えますよ。
1万円以上で送料無料です。

 

メアリーココの通販サイトはこちらです。

 

ビー・ギャラリー

喪服,安い,女性
ビー・ギャラリーの一番人気は安くてシンプルなデザインのノーカラーシンプルアンサンブル12,960円です。
12,000円代ですが、定価は16,200円で、イオンなんかで売られている3万円代のものにも見劣りしません。
5号〜15号まで豊富で、ものによっては3号〜21号まであります。
サイズが難しいパンツやスカートも、単品で選べて5,900円と安いです。

 

ビー・ギャラリーの通販サイトはこちらです。

 

ブランノワール

喪服,安い,女性
ブランノワールは、往復送料無料で2着まで試着無料券があるお店です。
これなら絶対失敗がないですね。喪服のサイズ選びって難しいですから・・・
メアリーココやニナーズよりちょっと高めで3万円くらいの喪服が多いのですが、セールのだと12,000円代のもあります。
お値段は高いですが、どこに行っても恥ずかしくない黒なので、本当に喪服の出番が多くなる40代〜50代女性にはおすすめです。

 

ブランノワールの通販サイトはこちらです。

 

京都着物喪服の専門店「葵」

喪服,安い,女性
着物の喪服って高いからレンタルで済ます場合もありますよね。
しかし、着物の喪服は一度作っておけば使用回数が多いほど、レンタルより安くなります。
着物はサイズも融通がきき、流行のデザインがないからです。
着物の喪服は、買う時は洋服より高いですが、ちゃんと保管しておけば、娘さんやお孫さんまで使うことが可能で、最高にコスパが安い喪服です。
女性だけが、「母親から譲り受けて継承して行くもの」ですからね。

 

着物喪服専門店「葵」の通販サイトはこちらです。

 

 

喪服アレコレ

お通夜には喪服?平服?地域による違い

まだ私が社会に出たばかりのころ、会社の関係でお通夜に行くことがありました。お通夜など、私にとっては初めての経験です。そのころ実家から離れて暮らしていたのですが、服装や持ち物について、一応親に確認しておきました。
母に聞いたところによると、喪服に黒のストッキング。黒のパンプスとバッグには、光る金具がついていないこと、という話です。いざというときのために一式そろえてあったので、困ることなくきちんと準備ができました。

 

ところが、待ち合わせた会社の先輩たちを見てびっくり。私も驚きましたが、先輩たちも私の姿に驚いた様子でした。

 

先輩たちは普段着とまではいかないものの、喪服ではありません。黒のスカートに黒のカーデガンのような服装です。私と同じところといえば、黒のストッキングを履いているところぐらいでしょうか。

 

私の喪服姿が浮いて見えたことは、言うまでもありません。先輩の話によると、お通夜に行くときには正装してはいけないのだとか。亡くなることを待って準備していたという印象を与えるからだといいます。

 

母は、たしかに喪服で行くようにと言ったはずなのに。正しい服装をしていったはずが、かえって場違いのようになってしまいました。

 

このことを母に話すと、返事はこうです。「このへんでは、お通夜に喪服が常識だよ」と。ここで私は、地域による風習の違いを知ったのでした。実家の周辺と会社がある地域では、考え方が違ったのです。

 

会社の先輩にマナーを聞いていたら、こんな失敗はなかったことでしょう。その地域のマナーについては、地域に住む人に確認すると間違いなさそうです。

 

 

お通夜に喪服を着ていくと、「不幸を予期していた」と思われて失礼にあたるとされていました。

 

しかし、最近では、通夜が翌日だったり、時間がある時は、喪服で参列するのが多くなってきています。

 

時代とともに変わってきたマナーですが、地域差もあるので他の人、地域の人と相談できれば確認しておいたほうがいいですね。

 

もちろん通夜が当日で時間がない、会社帰りに参列する場合は平服で問題ありません。


 

 

三回忌の時の親戚の服装に驚いた

先日、お義父さんの三回忌法要をとり行ったときの話でした。

 

義父はそれほど社交的な人ではなく、戦後まもなくからほそぼそとした見繕い屋を営んで慎ましく暮らしていたそうです。

 

私が嫁いでからはいつも縁側で静かに読書をしていた記憶が多いのですが、時折ご友人や遠縁の方がいらっしゃっては長閑にお話をされていました。

 

この度の式も規模こそ大きくはないけれど、故人の人となりや人情がまるで分かるような、終始穏やかで温かい雰囲気だったのです。

 

しかし、法要後の食事の席で空気が一変しました。

 

お義父さんの三女、私の義妹にあたる女性(Aさんとします)が、幼稚園児くらいの娘さんを連れて遅れてやってきて、親戚一同の視線を集めたのです。

 

Aさんは、ベージュのブラウスに薄紫の丈の短いスカートに同じような色のヒール。

 

そんな略礼服とも普段着とも言い難い出で立ちで、娘さんに至ってはピンクのワンピースに花柄のパンプスといった有り様。

 

周りはかっちりとした喪服から始まり、着崩していたとしても最低限モノトーンで統一された服は着ているというのに、件のAさんと娘さんは完全に周囲から浮いているようでした。

 

確かに、三回忌の服装は曖昧なところがあって、私もどの程度畏まった格好であれば失礼にあたらないのか、事前に調べていました。

 

どぎつい赤でないにしても、紫やピンクの服は相当に奇抜としか言いようがないと思います。

 

それまで雰囲気の柔らかかった会場が、徐々に責め立てるような冷淡なものへと変わっていきます。

 

視線の先は大抵Aさんなのですが、中には「どうしてあの子を呼んだのか」という疑心の声も聞こえてきました。

 

どうやらお義父さんの三女は世間体のない幼稚な人であることで知られているようでした。

 

私は義娘であるにも関わらず、彼女やその家族とは知り合ったことがほとんどなかったのですが、旦那は旦那であまり見ないふりをしていたので、私は「そういうことなのだろうな」と妙に納得してしまいました。

 

Aさんは娘さんの手を引いて堂々と席に座り、何事もなかったかのように食事を始めたので、自覚はしているのかしていないのか、あえてマナーを無視しているのかどうかは傍目では分かりませんでしたが、結局この度の食事会は、途中からAさんを遠巻きに剣呑な空気が渦巻き、一速即発で気まずいまま終わりました。

 

私は親戚の末席とはいえ一番目の義娘でしたので、思うように食事をすることもなくお酌をしていればよかったためにそこまで気分は悪くなりませんでしたが、中にはAさんと入れ違いで退席する人も見受けられました。

 

ここで最も哀れなのは故人であるお義父さんのはずですが、一体どうして、あの温厚で素朴な人の娘さんがこのような世間知らずなのか。

 

私が言える義理ではありませんが、何だかとても悔しいような口惜しいような気持ちでいっぱいです。

 

三回忌は、そこまで服装に厳しいことはありませんが、最低限のマナーは守るべきだと嫌な体験で実感することになってしまいました。

 

 

三回忌は身内だけで集まることも多いですが、喪服が無難です。


 

 

喪服以外にも靴やストッキングも準備していないと慌てます

喪服,安い,女性
そそっかしいというか、落ち着きがないというか。そんな私が若いころには、お通夜や葬儀のときにいくつも失敗してきました。こんな情けない話を読めば、急な葬儀であっても事前の準備が大事なことがお分かりいただけるかと思います。

 

よくあるのが、ストッキングにまつわる失敗ですよね。慌てて黒のストッキングをコンビニで買ったとか、予備を持っていかなくて困ったとか。私もこれは経験済みです。家を出る直前に、妹のたんすから借りていったこともあります。

 

一度買ったら度々買い換えるものではない喪服。しばらく着ない間に、体型が変わってしまっていたことがあります。以前はすっきり着られたのに、今回はファスナーが思うように上がらない。ファスナーが上がっても格好悪いという状況に焦りました。いつファスナーがはじけるかと、葬儀の最中どきどきしていたことを思い出します。

 

足のサイズは変わらないから靴は安心、と思いきや。少しカビが生えたようになったのを気付かずに履いていってしまい、会場の化粧室でとりあえず磨いたということもあります。

 

用意周到な人なら、こんなことはありませんよね。でも私は、お通夜や葬儀があるたびにばたばたしていけません。さすがにこの歳になると落ち着いてきたのか、反省が活かされているのか、若いころのような失敗はしなくなりましたが。
急なことだからこそ、いつそれが来てもいいように準備はしておかなくてはいけませんね。出かける直前になって探し物をするなどということは、しないようにしたいものです。それが、落ち着きある淑女のたしなみでしょうか。

 

 

女性は、靴・ストッキング・バッグも必要ですね。あと、派手なネイルは極力落とすのマナーです。
ストッキングは借りることもできますが、靴は難しいので社会人になったら用意しておきましょう。
ヒールの高すぎるもの、金属のついているものは避けましょう。
昔、義母が黒い靴がなくて、ゴールドの金具を油性マジックで塗りつぶしていたのを思い出しました・・・